プロフィール

スポーツ障害治療、肩トラブル解決の整形外科医。
肩関節鏡分野では日本トップレベルの技術と症例経験がある肩関節鏡手術の職人です。

肩関節鏡手術は特殊な領域の手術であり、手術職人ともいえる匠の技術と多くの手術の経験とがより高いレベルで必要とされます。
そのため、どこの病院でも受けられる手術ではなく、また整形外科医であっても誰にでもできる手術ではありません。
そんな肩関節鏡手術において、1000例以上の執刀経験があり、最高レベルの手術ができるスペシャリストです。

私自身もスポーツ愛好家。
日本のみならず世界中の、スポーツでの故障に苦しんでいる方や、肩の痛みでお困りの方のお力になれればと思っております

また、病院へ行かない、薬を飲まない生活についても研究しており、日本が抱える医療の問題にもメスをいれたいと考えております。

現在、京都市在住。
妻(薬剤師)と娘(大学生)息子二人(大学生と高校生)の5人家族。

鈴木 隆 (すずき たかし)

ミッションナビにて、インタビューを受けました

略歴

昭和42年5月1日 大阪府生まれ
昭和61年3月 大阪府立三国丘高等学校 卒業
同年4月 京都大学医学部医学科 入学
平成4年3月 京都大学医学部医学科 卒業
高校・大学では、硬式テニスに打ち込む。京大医学部テニス部の主将を務める。
平成4年5月 医師免許証 取得
京都大学医学部整形外科 入局
京都大学医学部附属病院整形外科 勤務(研修医)
平成5年3月 市立長浜病院整形外科 勤務
平成7年6月 公立豊岡病院整形外科 勤務
平成13年4月 京大病院整形外科(スポーツ膝肩グループ)勤務
京大病院時代に、中川泰章先生よりスポーツ整形外科を学ぶ。
また、同時期に千葉の船橋整形外科の菅谷啓之先生の元に通い、肩関節鏡手術を学ぶ。
平成16年6月 大阪赤十字病院整形外科 勤務
スポーツ・肩外来担当、関節鏡手術部門担当
平成18年4月 大阪赤十字病院整形外科 副部長(現職)

専門

  • 関節鏡手術、肩関節、スポーツ整形外科、膝関節。

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
  • 国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(ISAKOS)

資格

  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリビリテーション医

写真